味の素スタジアム


  1. TOP
  2. 『味の素スタジアム』補助競技場 2012/4/1 オープン

味の素スタジアムは、2013年9月28日から10月14日まで開催される「スポーツ祭東京2013」のメイン会場として、開会式、閉会式をはじめ、陸上競技やサッカーの決勝戦などが開催されます。この2013年の大会開催に向けて、味の素スタジアムは改修工事が行われます。(工事期間は平成23年12月5日~平成24年3月)

トラック&フィールド

フィールドには国際規格のトラック、外部には天然芝の投てき練習場を整備。

大型映像・音響

大型映像装置と音響設備も一新して、臨場感あふれる競技施設へ。

ユニバーサルデザイン(四カ国表記)

誘導サインは4か国語で表記したユニバーサルデザインを採用し、国際試合への対応を強化。

環境対策

さらに、環境に配慮したエコスタジアムとして、太陽光発電や壁面緑化にも取り組み、次世代を担うスタジアムへと生まれ変わりました。

エコ見える化案内

太陽光発電量、風力発電量等の教示機器を5か所に設置

ミストシャワー

ミスト発生装置を熱中症対策としてメインゲートなど5ヶ所に設置

風力発電

風力発電装置を2基設置し、蓄えた電力をLED外灯に活用

樹木型壁面緑化

スタジアム壁面1,426㎡を緑化し、約31t/年のCO2削減効果

太陽光発電屋根

スタンド屋根3,845㎡に太陽光発電装置を設置(発電量210kw)

【施設概要】 1周400m×8レーン・全天候舗装・インフィールド天然芝・観客席約800席 ※芝スタンドで約2,400人観覧可

【利用可能なスポーツ】 陸上・サッカー・ラグビー等

このページのトップへ戻る